子育て/母親(ペアレンツ)支援活動

子育て心理支援活動には大きく分けて、「子ども支援」と「母親支援(ペアレンツ支援)」の2つのタイプがあります。色での表現活動をとりいれるこれらの活動は、カウンセリングなどの言語を介するやりとりと比べ、親しみが持ちやすく、自然と生まれる喜怒哀楽の中で対話がしやすいことからも、出産後のお母さんたちの心理ケアや、PTAなどでの親御さんたちとの交流勉強会、地域や行政などが取り組んでいる子育て支援活動などにも参画しています。
ニーズに応じ子育てや生活のためになる内容を楽しく展開し、ご好評をいただいていおります。

木を描こう!と、時には親子で絵の具を使って木を描いたり、たっぷりの水を使ってキラキラ輝く色水を作ったり、時には子供たちだけで大きな模造紙に手形をペタペタ押したり、お母さんたちだけでクレヨンを使って「もう1つの家があるとしたら?」などというテーマで絵を描いて想像してみたりします。
「子育て」という、二度と戻らない時の中で、母は子と向き合い、母は自身の「内なる子ども」とも向き合うことになります。心は穏やかになったりいきり立ったり、苦しくなったりあ幸せになったりと、大忙しで当然です。そんな時にふと力を抜き、自然の自分に還ってみることは、心が深呼吸することにつながります。
子育て支援についてご検討されているご担当者様がいましたら、ぜひご相談ください。