色彩心理学療法士になる!

色彩心理学療法士専科コース

色彩心理学療法士専科コース

 色彩心理学療法士になるための専門講座では、色彩の力をかりて芸術療法を展開してゆけるだけの能力と知識の習得を目指します。
本科コースを通して習得した知識をさらなる高みへと揺り動かし、磨きをかけながら、より専門的で実践的な経験を体得してゆくために1つ1つ着実に実践力を培う講座を展開しています。

 "色彩をパートナーとして生きる"ためには、色彩環理論、心理療法論だけでなく、ケーススタディなどの自己分析をふくみ、療法士としての能力と人間性を高めてゆく必要があります。

 資格取得のための講座では、資格取得を目指される方だけではなく、色彩心理学をより深く学びステップアップしていきたい方や、色彩をもって人の心を癒す仕事をしたい方々に、その指標となるものを提供し、さらにには色彩心理学を通して、人類が抱える「自然との共生」という命題において取り組めるだけの実践力の基盤を養うことを目的としています。

 本講座全課程修了者であり、意志がある方のみ、色彩心理学療法士認定試験を受験することができます。

【お申し込みについて】
本講座は当研究所の開催する色彩心理学本科コースの全課程を修了した方のみご受講いただる講座です。
よって、本WEBページ上でのお申し込みは受け付けしておりませんのでご了承ください。
ご不明な点などがございましたら、お電話もしくはメールで対応させていただきます。

概要

学習形態 ・座学
・色彩実習
・専門実習
・自己分析
・事例研究
受講資格 本科/色彩環講座、本科/研修講座修了者
受講料のお支払い方法 全納・分納相談可
最短履修期間 12ヶ月~18ヶ月(全課程修了)

色彩心理学療法士養成コース/ 色彩心理学療法士講座

No. 講義内容ⅰ 時間数
R1 色彩心理学療法とは?
私たちが生業として目指す「色彩心理学療法士」とは、一体どんな心理療法でしょうか。守備範囲やメカニズム、方法などについて学習し、その効用についても考察します。
90分
R2 色彩心理学療法士の姿勢
色彩心理学療法士であるということは、日常であっても精神の呼吸をしっかりと実践しながら、自分の維持と発展を中から外から観察できる姿勢が必要になります。そのことについて学習しましょう。
90分
R3 色彩環を本質としてー自然への帰還ー
自然の懐に抱かれている生命である限り、我々は自然にとの関係性の中で心身共に育まれて生きます。外的な自然はさることながら、内的な自然についてもその関係を持ちながら一生を過ごしてゆきます。色彩の役割を明らかにしてゆきましょう。
90分
R4 人間の翳りについてー生きてこなかった反面ー
色彩はくもりの上でこそ起こり、人の生死もくもりの上で展開されます。色とりどりのくもりによって私たちは自然界の表現に包まれていることを感じます。人間ひとりひとりにもそれぞれのの翳りがあります。人が生む翳りについて考えましょう。
90分
R5 私を動かすゲーテのことば
色彩心理学の根元に大きな栄養を与え続けてくれるゲーテの色彩論、そしてゲーテの残したことばたち。色彩のことを語る現場では彼の言葉がどれほど支えになるかしれません。たった一文から大きな宇宙へ、胸に灯り続けることばの深みを学び取りましょう。
90分
R6 私の中の創造性
あらかじめ人間の生命に込められている自然力のことを、色彩心理学療法士は十分に理解し接近しておく必要があります。自然の生きとしいけるものたちと奥深くで通底していく根源力は、どのようなものであるか、考察しましょう。
90分
R7 個性化・自己実現について
人が心と体、精神と肉体という矛盾を持つがゆえに向かって行く方向とされる個性化や自己実現。生きとしいけるものの下敷きとなり、生命の永遠の公式を示す「色彩環」においても、このことは説明することができます。しっかりと学習しましょう。
90分
R8 色彩心理学療法士の実際
私を1つの自然として捉えることのできる力を回復する色彩心理学療法。実際の現場では、自然を身のうちに感じること、つまり人間を自然との関係性において紐づける力量が問われます。現代においてどのようなニーズに対応しているか、またどのような可能性を秘めているものなのかについて考察しながら、その覚悟を培いましょう。
90分

色彩心理学療法士養成コース/ 色彩イメージとの対話実践講座

No. 講義内容ⅰ 時間数
C1 対話とは何か?
イメージを外在化する色彩心理学療法において「対話」は重要な鍵となります。 イメージとはなんであるかについての復習と発展学習をふくみ、対話の役割と対話に必要な要素について学んでゆきましょう。
90分
C2 良い対話・悪い対話
イメージをより深く味わうために、良い対話や悪い対話とはどのようなものでしょうか。実際の対話サンプルを読み解きながら、どのような対話が 自己探求へとつながるのかを学習しましょう。
90分
C3 サイレント・ワーク
人間の心は整理のついたものばがりで構成されているわけではありません。膨大な無意識という領域をぶらさげて息づいているということを まずは誰よりもその怖さやざわつきを経験し、心が折り合いをつける動きについて感じ取ってゆきましょう。
90分
C4 転移・逆転移について
来談者に対して色彩心理学療法を行う際に問題となる転移・逆転移いついて取り上げます。どのような渦中に引き込まれそうになっても、 外から見ている自分をしっかり育てることが必要になります。そのような自分の鍛錬の仕方についても考察します。
90分
C5 自我と防衛規制について
聞く態度、話す態度、自我はあらゆる手段で自分を守ろうと立ち回ります。あらゆる手段を使って意識内容をすっきりさせようとしています。 自我の役割や仕事を学びながら、自己探求の冒険を回避するためにどのような手段を持っているのか、また自分自身はどのような癖を持っているのか、見つけておきましょう。
90分
C6 対話とコミュニケーション
3人1組でチームをつくり、ある作業に取り組んでもらいます。「私ならざるもの」たちと関係性を作り、1つの目標に向かうことは、 葛藤や困難を大きくします。実践から学び取れることが最も宝になってゆきます。
90分
C7 対話シミュレーション①
実際の対話を書き取り、実際の色彩心理学療法士にも参加してもらいながら、対話における実践形式の授業を行い、実践力と対話の指針を強化してゆきます。
90分
C8 対話シミュレーション②
実際の対話を書き取り、実際の色彩心理学療法士にも参加してもらいながら、対話における実践形式の授業を行い、実践力と対話の指針を強化してゆきます。
90分

色彩心理学療法士養成コース/ 色彩の本質講座

No. 講義内容ⅰ 講義内容ⅱ 時間数
1日目 黄色の現象学・その本質と分極性 黄色の心理学・心の諸要素との関わり 90分×2
2日目 青色の現象学・その本質と分極性 青色の心理学・心の諸要素との関わり 90分×2
3日目 緑の現象学・混合と植物 緑の心理学・心の諸要素との関わり 90分×2
4日目 橙の現象学・黄の生成と変化 橙の心理学・心の諸要素との関わり 90分×2
5日目 紫の現象学・青の生成と変化 紫の心理学・心の諸要素との関わり 90分×2
6日目 赤の現象学 赤の心理学・心の諸要素との関わり 90分×2
7日目 色彩環理論①生命の永遠の公式 色彩環理論②呼び求め合う色彩 90分×2

色彩心理学療法士養成コース/ 色彩心理学療法士実践講座

No. 講義内容ⅰ 講義内容ⅱ 時間数
1・2日目 オリエンテーション1 療法実践① 90分×2
ケーススタディー 分析方法とその効果 90分×2
3・4日目 オリエンテーション2 療法実践② 90分×2
ケーススタディー 分析方法とその効果 90分×2
5・6日目 オリエンテーション3 療法実践③ 90分×2
ケーススタディー 分析方法とその効果 90分×2
7・8日目 オリエンテーション4 療法実践④ 90分×2
ケーススタディー 分析方法とその効果 90分×2

受講料

■ 専科・色彩心理学療法士養成コース 506,000円(税込546,480円)
必ずお読みください
・別途20,000円の教材費がかかります。
・お支払いにつきましては、指定の銀行口座にお振込にてお手続きいただくこともできます。
・分割でのお支払いも受け付けしております。詳しくはお問い合わせください。
他不明な点がございましたら、お問い合わせください。